『マインドセット 〜「やればできる!」の研究』を読了

10年間、国内外(& 最近はオンライン)でマインドセットを鍛える研修を提供してきて、いつも受講生たちから「やってみたらできました!」「やればできますね!」という声を聞いているので、まぁ読まなくてもいいかなーと思っていたのですが、ふと思い立って読んでみることにしました。

「はじめに」の中で次のように書かれていましたが、それは本当にそうだと思います。

「自分の性格(パーソナリティ)だと思っているものの多くが、実はこの心のあり方(マインドセット)の産物なのである。あなたがもし可能性を発揮できずにいるとしたら、その原因の多くはマインドセットにあると言ってよい。」

でも、人はついつい「自分はこういう人間だから・・」とか、「もともとこういう性格だから・・」とか、いわゆる言い訳をしているというのは、よくあることで、、、

もちろん、人それぞれ自分の人生なので、他人がとやかく言うもんじゃないんだけど、マインドセット次第で変わることってたくさんあると思うんだよなーーと思っています。

本書で「硬直マインドセット」と「しなやかマインドセット」と訳されているものは、英語だとFixed mindsetとGrowth mindsetと書かれていますが、心のあり方(マインドセット)によって結果が変わってくるのはほんとその通りですね。

本書を読んでいてちょっと思ったことは、、、

たまに「日本人はこうだから・・」とか、「外国人と比べて、日本人は・・」なんて言い方をする人がいますが、面白いのは、本書に書かれているのはほぼアメリカの事例なのに、それってよく「日本では・・・」と言われがちなことばかりという点。

もちろん、人種や国・地域で特性に違いがあることは理解しつつ、マインドセットに関していうと、〇〇人ってあまり関係ないよね?ということがよく分かる本でした。つまり、どの国にも硬直マインドセットの人は多いんだろうなーということです。

じゃあ、どうしたらしなやかなマインドセットになれるのか!?

そこで重要になってくるのは、やはりセルフ・アウェアネス、自分を知るということでした。うん、、間違いないと思う。

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/新陰流兵法/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊