ユーモア小説『黄金のブタ』を読了

故C.W.ニコルさんが「武道家だと思っていた友人が小説を書いた。」と本の帯に推薦文を寄せている、合気道本部道場の大先輩、谷正樹さん(八段)のユーモア小説『黄金のブタ』を読み終えました。

谷さんはC.W.ニコルさんの「ユーモア小説というものはとても難しい!」という言葉を聞いて、じゃあ、自分も書いてみよう!と思ったそう。

そして、ここには谷さんならではの南米の人たちがたくさん登場します。谷さんを彷彿とさせる主人公もブラジルに駐在経験がありますし、それ以外にもペルーやアルゼンチンなどなど。

そして、舞台は谷さんが昔3年間ほど仕事をしていた沖縄!

沖縄に住んでいる間に、本土に対して感じたことなどをベースに話は進みますが、決してシリアスな書き方ではなく、そこは「ユーモア小説」ならではの、笑いあり、涙ありな感じで、スーッと読むことができました。

ただ、、、僕自身が沖縄に行ったことがないので、沖縄の情景が思い浮かばないという、、、

沖縄に行ったことがないというと、みんなから「えっ、、あれだけ海外には行っているのに??」と言われるのですが、なぜか沖縄が遠くて、、

いやーー、そろそろ行くかなーー

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/新陰流兵法/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊