身近な国、リトアニア

神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部(GLA)での「学び」がこのニュースに目を向けさせてくれます。

行ったことがないと、「自分とは関係のない国の話だなー」とか「そもそもリトアニアってどこだろう?」と思ってしまいがち。。

でも、おそらくGLAの学生たちはそうではないでしょう。もちろん、僕自身も。

今年の夏、GLAの海外スタディ・ツアー2.0(オンライン海外スタディ・ツアー)では、1週間ずっとリトアニアのヴィータウタス・マグヌス大学からオンラインの講義を受け、現地の学生たちと交流し、さらに杉原千畝記念館やナチス・ドイツがユダヤ人の大量虐殺を行った第9要塞や旧市街などのバーチャル・ツアーにも参加しました。

また、リトアニア共和国のGediminas Varvuolis駐日大使もオンラインで交流してくれて、私たちは実際にリトアニアを訪問をしたわけではないですが、かなり身近な存在になっています。

昨日の産経新聞には「旧ソ連の弾圧 台湾に重ね」と大きく書かれていましたが、まさにリトアニアは第2次世界大戦時には旧ソ連やナチス・ドイツに侵略された歴史を持ちます。でも、そういうことも、世界史の教科書で学んだだけでなく、あの1週間があったことで、すごく身近に感じます。

海外スタディ・ツアーの地にリトアニアを選んだのは、「人道」をテーマに「20世紀以降の中東欧史」や「紛争と対立からの脱却」を学ぶためでしたが、このニュースなどはまさにそこでの学びと連動しています。

神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部海外スタディ・ツアー

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/新陰流兵法/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊