クロスメディア・パブリッシングの書籍で今年のベスト3は!?

クロスメディア・パブリッシングの書籍で2021年のベスト3は⁉️

第1位:無(最高の状態)
第2位:医師がすすめる少食ライフ
第3位:自己肯定感を上げるOUTPUT読書術

クロスメディアグループの広報を担当している濱中はるかさんと、海外事業を担当している Pamela De Santisさんにゲスト出演してもらった今日のレインボータウンFM "Go around the world"!

僕がデビュー作を出した当時(14年前)、月2冊のペースで本を出していたクロスメディア・パブリッシングですが、いまや月に10冊以上とのこと💨

つまり、年間120冊以上の本が出ていることになりますが、その中でも売れている本のテーマやキーワードをチェックすると、今のトレンドが見えてきます。

そして、2人から発表してもらったベスト3ですが、この3冊に共通しているのは「心の健康」ということでしょうか!

「自己肯定感」は今かなり聞くキーワードだし、「少食」も当然健康のためですが、この本はただ単にカラダだけでなく心の健康にも触れています。そして「無(最高の状態)」はまさにウェルビーイングです。

でも、こういうテーマの本が売れれば売れるほど、これとは逆の状態の人が多いということでもあります。。心の健康は引き続き2022年も大きなテーマになりそうだなー

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/新陰流兵法/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊