ランディ・ローズのドキュメンタリー映画

高校時代、好きになった時にはもう亡くなっていたロック・ギタリストのランディ・ローズ!
(ちなみに、2台目のギターはバーニーのランディ・ローズ・モデルでした。)

その彼の軌跡を追ったドキュメンタリー映画『ランディ・ローズ』を観てきましたが、亡くなってから40年が経っても色褪せないスター性を感じました。

実際、おととし2021年にロックの殿堂入りしていることからも、多くの人の心に残ってるのは、それだけ存在感があったということ。

不慮の事故で25歳という若さで亡くなったのが本当に惜しいとしか言いようがありません。

それにしても、ここまで映像や音源が残ってるのがすごかったなーー。ファンにはめちゃくちゃ嬉しい映画です。そして、当時を振り返ってコメントをするミュージシャンたちの豪華なこと!

個人的にはオジー・オズボーン時代の前、まだ世に出そうで出れなかったクワイエット・ライオット時代の話が知らないことばかりで良かったです。

いやーー、なんだか年始早々、もっと頑張ろう!と思うような映画でした。だって、俺はまだ死んでないからね。

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/上智大学(非常勤講師)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/著書『人生を変える単純なスキル』など全19冊