日本初の女子留学生、大山捨松さん

日本人として初めてアメリカの大学を卒業した大山捨松さんの人生を描いた小説『鹿鳴館の貴婦人 大山捨松』を読了!

留学業界の先輩から勧められて読んでみたのですが、あまりにもドラマチックな人生に、読み始めて一気にその世界に引き込まれました。

会津藩の家老の子供に生まれ、会津戦争での悲惨な状況に始まり、11歳の時、のちの津田塾大学の創設者、津田梅子さんと共にアメリカに渡り、日本人として初めてアメリカの大学を大学を卒業し、帰国後はのちの陸軍大将、大山巌と結婚して、、、

津田梅子さんは知っていても、大山捨松さんのことは名前すら知らなかったのが恥ずかしくなりましたが、官費留学生としてアメリカに行き、10年間を過ごしたのちに帰国してからの彼女の活動はすべてノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)を感じさせるもので、その意識と行動力には頭が下がる思いがしました。

こういう本を読むと、自分ももっともっとできることを頑張らなきゃと思わさせます。まだまだ全然足りない。。

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊