困難な組織を動かす人はどこが違うのか?

今日も朝から某大手外資系企業のリーダーたちにオンライン研修を実施してます。

そして、こちらは昨夜読み終えた『困難な組織を動かす人はどこが違うのか? POSITIVE LEADERSHIP』という、ポジティブ・リーダーシップの本!

僕がいつも話しているポジティブ・リーダーシップよりかなり強めの「力強いリーダーシップ」が描かれていましたが、これは僕がスペインの大学院(IE)でポジティブ・リーダーシップの修士プログラムを受ける前に思い描いていたものに近いように思います。ただ、今はちょっと違う捉え方をしているけど。

とはいえ、ポジティブ・リーダーシップが組織風土や仕事の成果にいかに良い影響を与えるかというのは、その通りだと思います。そして、「ポジティブ vs ネガティブ」という話では、僕もIEで授業を受けたバーバラ・フレドリクソン教授が登場していました。

本書で最も重要なメッセージは、「ポジティブ行動は教育可能」というものですが、これはほんとそうですね。性格的にポジティブかどうかとポジティブ行動が取れるかどうかは一致するわけでなく、マインドセットの問題なので!

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/新陰流兵法/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊