月刊『先端教育』グローバル人材どう育てる

月刊『先端教育』6月号の特集「グローバル人材どう育てる」に取り上げていただきました!

「"やるしかない"経験が人を変える 修羅場が鍛える国際人の要件」というタイトルで、弊社スパイスアップ・ジャパンが提供しているグローバル・マインドセットを鍛える研修や、日産自動車の若手リーダーに実施したオンライン研修のことを書いていただきました。

グローバルな環境で成果を出せる人材(=グローバル人材)に必要な力は、様々な人たちが自分たちの立場で話をします。英語力や異文化理解力などはよく出てきますが、私自身はこの2つはそれほどなくてもいいと思っています。何よりも一番欲しいのは「専門性」、そして、その専門性をいつも通りに(ホームな環境と同じように)発揮できる「グローバル・マインドセット」でしょう。

専門性は業界や職種によっても異なるので、そこは各企業・各人に任せるとして、「では、グローバル・マインドセットはどう鍛えるのか?」というチャレンジこそ、私たちが尽力したいところです。

※こちらの記事は「先端教育オンライン」でも読むことができます。(全文閲覧には有料の会員登録が必要)

※日産自動車の事例は弊社ウェブサイトにも記載しました。
日産自動車の若手リーダーに実践的なオンライングローバル研修を実施

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊