稽古とは何か?

稽古とは何か?稽古と練習と修行は違うのか?

昨日読んだ『稽古の思想』は、稽古についての考察が素晴らしくて勉強になりました。面白かった!

本書にこんなことが書かれていました。

「日本の稽古の場面では「力を抜いて」という言葉が繰り返される。初めから「力が抜けている」ことが大切なのではなく、力が入ってしまうから、力を抜く。その「力が抜けてゆく」感覚を、からだに染み込ませようとする。何度も繰り返す中で、「余計なところに力が入っている」感覚と「力が抜けている」感覚をからだに覚え込ませてゆく。」

これ、毎朝の合気道の稽古で僕が先輩方から、「力が入りすぎだよ!」「もっと力を抜いて!」と言われていることと同じですね。

始めた頃よりはだいぶ抜けているはずなんだけどなーーと思いながら、力をちょっとは入れないとダメだし、でも入れると抜けと言われるし・・・

いやーーー、でも、だからこそ稽古は楽しい!

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/新陰流兵法/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊