『センゴク』(全15巻)を読了

豊臣秀吉の最古参の家臣として知られる戦国武将、仙石権兵衛秀久を主人公にした漫画『センゴク』(全15巻)を読み終えました。

ずいぶん前に買ったんだけど、なかなか読めていなくて、ようやく、、、

14歳で織田家に入ってから、羽柴隊(木下隊)の一員として各地を転戦し、、、というところからキャリアが始まるんだけど、漫画に描かれているような壮絶な戦いをくぐり抜けて、63歳まで生きたっていうのはほんと驚異的なことだなー

まさに死線をくぐり抜けた人生だったんだろうと思うと同時に、自分だったら、、、と考えるのも恐ろしい世界だなーと思いながら読みました。

この間、抜刀術の稽古の際、真剣で指をちょっと切っただけで血がなかなか止まらなかったのに、『センゴク』の世界にいたら、生き残れる自信は全くありません。

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊