『サトコとナダ』から考えるイスラム入門

先日読んだ漫画『サトコとナダ』(全4巻)をベースにしたイスラム世界の入門書『『サトコとナダ』から考えるイスラム入門 〜 ムスリムの生活・文化・歴史』を読了!

世界のあちこちに行って、イスラム社会やムスリム(イスラム教徒)と触れ合うこともあり、なんとなーくのイメージは持っていたものの、知らないことばかりだったので、難しい解説書ではなくもっとハードル低く学べるものないかなー⁉️と思って買ってみたのですが、すごく分かりやすくて良かったです。

本書のテーマ・切り口は「イスラム」ですが、「異文化理解」「異文化コミュニケーション」「多文化共生」という観点でいつも考えていることとも近く、共感できる内容でした。

ちょっと小ネタとして面白かったのは、イスラム社会で酒は禁じられていますが、アルコールという言葉は「アル(=The)」と「クフル(=アンチモンという化学物質)」を組み合わせたアラビア語からきているとか、、、

ムスリムが多数派の社会でもお酒が存在しなかったわけではないという歴史的事実があるということなんですね。

イスラム世界、旅してみたいなーー!

0コメント

  • 1000 / 1000

Keiichi Toyoda Official Website

株式会社スパイスアップ・ジャパン(代表取締役)/神田外語大学(客員教授)/レインボータウンFM(ラジオパーソナリティ)/NPO留学協会(副理事長)/グローバル人材育成/海外修羅場研修/ポジティブ・リーダーシップ/変革マインドセット/アルゼンチン育ち/上智大学卒業/IE University(スペイン)卒業/合気道/翡翠流抜刀術/新陰流兵法/著書『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』など19冊