· 

リーダーシップと合気道とマインドフルネス!

合気道6段で、合気道やマインドフルネスを活用してリーダーシップ研修をしているウェンディ・パルマーさんの本「リーダーシップ・エンボディメント」を読了!

 

「リーダーシップ」と「合気道」と「マインドフルネス」だなんて僕が昨年、卒業したスペインの大学院 IEのリーダーシップに関する修士論文 “Parallels of learning between MBSAT and Aikido – 7 Learning Principals –“(マインドフルネスを活用したリーダーとしての認知能力向上トレーニングと合気道の共通点を探る)で書いた内容にかなり近くて、めちゃくちゃ興味深く読みました。

ちなみに、合気道についての記述はこんな感じ!(ちょっと日本語に訳すのが面倒なので、そのまま掲載しますが・・)

- The non-aggressive martial art of Aikido has always given me great metaphor for leadership.

- Aikido is a metaphor for resolving conflict in a creative and compassionate manner. This metaphor applies to our conflicts with others at home and at work, but most importantly, it’s relevant to resolving our own inner conflicts. The ability to resolve internal conflicts in order to become more fully oneself is a critical key to developing as a leader.

ところで、本書のタイトル「Leadership Embodiment」のエンボディメントとは「抽象的な概念が体現・具体化される(=to be emdodied)こと」という意味ですが、では「リーダーシップ・エンボディメントって、どういう意味なんだろう?」という点で最初まったく腹落ちがしませんでした。腹落ちというより、意味が理解できない。。

ただ、この「embody」という単語はIEでヨガのクラスのタイトルにも使われていました。マドリードに全5回通った6日間のセッションの3回において、座学を5日間やったあと、丸一日ヨガを学んだのですが、そのクラスのタイトルが「Embodied Leadership」だったのです。

だから、合気道やヨガを通してリーダーシップを体現するということだとは思っているのですが、なかなか「これ!」という説明ができないのが現時点の私の状況。なので、これはもう少し時間をかけて咀嚼したいと思っています。

合気道を習い始めてからちょうど1年が経とうとしていますが、これからも「リーダーシップ」について意識しながら稽古しよう!